善人尚もて往生をとぐいわんや悪人をや

善人なほもて往生を遂ぐ

 親鸞上人の教えを説いた『歎異抄たんにしょう 』に出てくる有名な言葉に『善人なほもて往生をとぐ、いはんや悪人をや。しかるを、世のひとつねに いはく、悪人なを往生す、いかにいはんや善人をやと』というのがあります。

 これは、善人だって悟りをひらくことができるのだから、まして悪人が悟りをひらき、彼岸に到達できないわけがない、ということで、 一見非常に矛盾しているようにも思えますが、御承知の如く、ここでいう悪人とは、自分ほど罪深い者はいない、自分のような者が悟りの 世界に入る等ということは到底できない相談であって、彼岸に到達するためには仏様におすがりする以外に道はない、と思いこんでいる人 のことです。

 反対に善人とは、自分程善い人間はいない、自分はこんなにも善根を積んでいるのだから、必ず成仏できると信じている人、言い換える と自力で仏になれると思っている人のことを親鸞上人は善人と言ったのです。

顕示難行陸路苦
(難行の陸路の苦しきことを顕示し、)
信楽易行水道楽
(易行の水道の楽しきことを信楽せしめたまう)

 これは龍樹菩薩の教えられたことを、
親鸞聖人が明らかにしている言葉です。
大意はこういうことです。

“「難行」の教えでは誰も助からない。
すべての人の救われる道は、
阿弥陀仏の本願しかないのだから、
早く弥陀の本願を聞きひらき、
無上の幸福に救われてもらいたい。

 このように、親鸞は、自力の心を捨てて他力を信じ、ひたすら念仏を唱えることによって阿弥陀仏の極楽浄土に往生し成仏できると説いたのです。

 これは、新約聖書にあるイエス・キリストの教えに非常によく似ています。しかし、この仏教の理解では、善人、悪人と言われていますが、人間とはなにであるかという説明もありませんし(聖書では神によって、神のかたちに似せて創造された存在)、人間の罪についても、すなわちこの世界や人間の根本的な問題についての核心をついた説明はありません。

 また、阿弥陀仏、弥陀の本願といわれるものの正体も、漠然としている状態です。

 聖書にあるイエス・キリストも、よく似たことをいわれました。
「医者を必要とするのは丈夫な者ではなく、病人です。
『わたしはあわれみは好むが、いけにえは好まない。』とはどういう意味か、行って学んで来なさい。わたしは正しい人を招くためではなく、罪人を招くために来たのです。」  (マタイ9:13)

 あるいは、
 「心の貧しい者は幸いです。天の御国はその人のものだからです。」
                (マタイ5:3)