神の栄光のために

 1コリント6:20
あなたがたは、代価を払って買い取られたのです。だから、自分の体で神の栄光を現しなさい。

 ウエストミンスター小教理問答書は、その第1問で、

人の主な目的は何ですか。
答: 人の主な目的は、神の栄光をあらわし、永遠に神を喜ぶことです 。

と述べています。

人が主な目的とできるものは限られています。

 第一に、人には使命(目標)が必要です。目標のない人生は、どんなに楽しみがたくさんあっても、空しい人生です。
 生きている限り持つことができる人生の目標を見つけることは難しいことです。聖書は「神の栄光をあらわす」ことを私たちの使命と教えています。これは生きる限り持つことの出来る目標です。勉強・育児・職業を通し、また、終生変わらない祈りと信仰によって、私たちは神の栄光を現すことができるのです。

 第二に、人には喜び(幸福)が必要です。使命感だけの人生は辛く苦しいものです。慰めや喜びが私たちには必要です。
 生きる限り続く喜びも見い出しにくいものです。聖書は「神を喜ぶこと」を変わらない喜びとして教えています。若い日も老齢の日も、愛と清さに満ちた素晴らしい神様を仰ぐ時、私たちの人生から喜びが失くなる日がないのです。

「神の栄光をあらわす」とは

 「神の栄光をあらわす」とは、「神様のすばらしさをあらわす」という事です。どうしたら神様の栄光をあらわすことができるでしょうか。
宗教的行為によって
私たちは、宗教的行為によって神様の栄光を現すことができます。礼拝、祈り、賛美、信仰の表明(信仰告白)、教会での奉仕などにより、神様のすばらしさを直接にあらわすことが出来るのです。
生活全体によって
また私たちは、私たちの人生全体によって神様の栄光を現すことができます。

 第一に、私たちは自分の人生全体によって、創造者でいらっしゃる神様の栄光を現すことが出来ます。
 私たちが人間としての素晴らしさ(能力や宗教心や道徳心や愛)を高めるならば、人間を素晴らしい存在として造られた神様の栄光を現すことが出来ます。  また、私たちが、世界の美しさや資源の豊かさや住やすさ等々を、環境保護・労働・文化的活動・社会的活動等々によって明らかにする時、この世界を造られた神様の栄光を現すことが出来ます。

 第二に、私たちは救いの恵みを頂いて生きることによって、救済者でいらっしゃる神様の栄光を現すことができます。  例えば、神様は私たちのすべての過ち(罪)を赦して下さいます。私たちが日々、罪赦される喜びに内に生きる時、神様の栄光を現すことが出来ます。
 あるいは、神様は私たちをご自分の子供のように愛し、鍛えて下さいます。順境の日は神様の愛に感謝し、逆境の日は鍛えて下さる神様の愛に信頼し、神様の愛と清さに少しでも倣おうとして生きるなら、神様の栄光は現されるのです。

「永遠に神を喜ぶ」とは

 「神を喜ぶ」とは神様の下さる恵みを喜ぶことよりももっと深いことです。私たちが人を愛する時、その人から受ける利益ではなく、その人の存在自体を喜びます。同じように、人の主な目的は神様のご存在自体を喜ぶことです。神様の素晴らしさに目が開かれ、神様のご存在自体を喜ぶ時に、その喜びは死の時も死の後も続きます。神様は死の時も死の後も私たちに出会って下さる方だからです。地上の喜びはやがては途絶えます。しかし、神を喜ぶ時に人は、人の主な目的である「永遠の喜び」を獲得するのです。

神を喜ぶ様々な道

どのような仕方で「神を喜ぶ」ことができるでしょうか。

 第一に、私たちは、聖書を読み、祈り、礼拝することを通して、神様の素晴らしい御人格に直接に触れて、神様を喜ぶことができます。

 第二に、私たちは、衣食住、結婚、趣味や旅行など、この世の生活を通して与えられる神様の恵みを感謝し、その恵みを通して届く神の愛を喜ぶことができます。時計を拾うのと愛する人から贈られるのでは、同じ時計を手に入れるのでも喜びに雲泥の相違があります。人は本来、この世の生活で与えられるすべての喜びを神様からの贈物として受けて、「神を喜ぶ」大きな喜びで満たされるべき存在なのです。

 第三に、私たちは救いの恵みを通して神様を喜ぶことができます。すなわち、私たちの罪を赦し、神の子として愛して下さり、私たちの心にも愛を起こして永遠の命を与えて下さる神様の救いの恵みを受けて神を喜ぶのです。この霊的な恵みにより私たちは、神の不変の愛を確信し、順境にも逆境にも、神の愛を信じ抜き、永遠に神を喜ぶことができるのです。

マタイ6章25節ー34節( 

 イエス・キリストは私たちに今も「信仰の薄い者よ」と語りかけてくれています。イエス・キリストの言葉には神の愛が示されています。私たちを暖かく見守る神がいらっしゃるのです。真実の神は生きていらっしゃいます。実際に天地万物を支配され今日も太陽を昇らせ、必要な時には恵みの雨を与えてくださるのです。

 神を信じて、神に従って生きていれば、衣食住すべて必要なものはまかなわれます。神によって与えられるのです。このような世知辛い世の中でもきちんと神は信じる人を祝してくださるのです。しかし、いろいろな問題に私たちは直面する場合があります。やはり金銭面の問題が一番多いのではないでしょうか。夫婦の間も財政的な問題が発端で関係が悪くなったということも多いのです。ある人はこの問題で思い悩み眠れぬ夜をすごしてしまいます。私たち人間は、自分の力で何とかしようと懸命にがんばります。思い煩います。最後に心身ともにやつれてしまうのが関の山です。

 私たちの人生の目的は何でしょうか。それはこの聖句が明確に私たちに教えてくれています。まず神の国と義を求めて生きていく・・・これこそ神に創造された人間の目的ではなくて何でしょうか。神の国を求めるとは、神の支配に自分をおいて常に神に従っていこうとすることです。神の義を求めるとは、神の正しい教え(正義)を祈り求めてこの混乱した世の中を生きていくことです。

 生きている間には目標がそのつど出てくるものです。しかし、その目標は一時的なものでしょう。永遠に残る、永遠の命につながる目標は神の国と義を求めることなのです。あなたもイエス・キリストを信じて生きてみましょう。

地の塩、この世の光として

マタイ5章13節ー16節
 クラスター爆弾が廃止されるという条約が(アメリカとロシアを除いて)結ばれました。大変好ましいことですね。自衛隊がそのような爆弾をもっていたと知らなかったという人も多いのではないでしょうか。自衛隊は軍隊ではないはずですから・・・・。建前(憲法9条)では陸海空軍を持っていないと言っていますが、本音では持っているのが実情です。

 人間がやることには常にこのような真偽が付きまといます。このような世の中で、キリスト者は地の塩、世の光として生きていく役割があります。どんなに悪い世の中になっても、悪が公然と行われる世の中になっても、不正が行われくさい物にはふたをするような世の中になっても、「キリスト者は地の塩として世の中を浄化するように」とイエス・キリストはおっしゃっています。

 キリスト者の良い行いによって少しでも多くの人々が神を信じ崇めるようになるためにキリスト者は生まれたのです。キリスト者の存在の意義がここにあります。そのような人生の目的が与えられています。