日々のみことば

聖書からの短いメッセージ

争いが生まれる

12:51 あなたがたは、わたしが地上に平和をもたらすために来たと思うのか。そうではない。言っておくが、むしろ分裂だ。 12:52 今から後、一つの家に五人いるならば、三人は二人と、二人は三人と対立して分かれるからである […]

御心が行われますように

12:49 「わたしが来たのは、地上に火を投ずるためである。その火が既に燃えていたらと、どんなに願っていることか。 12:50 しかし、わたしには受けねばならない洗礼がある。それが終わるまで、わたしはどんなに苦しむことだ […]

主に聞き従う

12:45 しかし、もしその僕が、主人の帰りは遅れると思い、下男や女中を殴ったり、食べたり飲んだり、酔うようなことになるならば、 12:46 その僕の主人は予想しない日、思いがけない時に帰って来て、彼を厳しく罰し、不忠実 […]

主よ来たりませ

12:43 主人が帰って来たとき、言われたとおりにしているのを見られる僕は幸いである。 12:44 確かに言っておくが、主人は彼に全財産を管理させるにちがいない。   イエス様はここで、出かけていた主人が帰って […]

主人に聞き従う

12:41 そこでペトロが、「主よ、このたとえはわたしたちのために話しておられるのですか。それとも、みんなのためですか」と言うと、 12:42 主は言われた。「主人が召し使いたちの上に立てて、時間どおりに食べ物を分配させ […]

思いがけない時に来る

12:39 このことをわきまえていなさい。家の主人は、泥棒がいつやって来るかを知っていたら、自分の家に押し入らせはしないだろう。 12:40 あなたがたも用意していなさい。人の子は思いがけない時に来るからである。」 &n […]

目を覚まして主と共に歩もう

12:38 主人が真夜中に帰っても、夜明けに帰っても、目を覚ましているのを見られる僕たちは幸いだ。   「主人が真夜中に帰っても、夜明けに帰っても、目を覚ましているのを見られる僕たちは幸いだ。」と言われたら、そ […]

主に在って生きる

12:35 「腰に帯を締め、ともし火をともしていなさい。 12:36 主人が婚宴から帰って来て戸をたたくとき、すぐに開けようと待っている人のようにしていなさい。   教会で、よく使われる言葉に、「終末」とか、「 […]

まず神の国を求める2

12:33 自分の持ち物を売り払って施しなさい。擦り切れることのない財布を作り、尽きることのない富を天に積みなさい。そこは、盗人も近寄らず、虫も食い荒らさない。 12:34 あなたがたの富のあるところに、あなたがたの心も […]

まず神の国を求める

12:31 ただ、神の国を求めなさい。そうすれば、これらのものは加えて与えられる。 12:32 小さな群れよ、恐れるな。あなたがたの父は喜んで神の国をくださる。   「ただ、神の国を求めなさい。」ということにつ […]