ようこそ、静岡教会へ

 初めての方も大歓迎です。どうぞ手ぶらでお越し下さい。
 皆様の起こしを心よりお待ちしております。

画像の説明

  定期集会のご案内

  ◆朝の礼拝  毎週日曜日     午前10:30~11:40
  ◆午後の礼拝 第1~第3日曜日  午後1:15~2:00
  ◆教会学校  毎週日曜日     午前9:20~9:45
  ◆聖書研究と祈りの会 毎週水曜日 午前10:30~11:45
             毎週水曜日 午後7:00~8:00

  4月8日   遠山牧師 復活説の礼拝です。
  ◆ 朝の礼拝 午前10時30分~
    「羊飼いたちへの告知」
  ◆ 午後の礼拝 午後1時15分~
    「主イエスの十字架」

4月22日(日)は、金沢先生をお迎えしての特別講演会を行ないます。
       皆さんのおいでをお待ちいたしております。

画像の説明

5月26日(土)は、福音歌手 森祐理さんをお迎えしてのコンサートを行ないます。
       皆さんのおいでをお待ちいたしております。

画像の説明

画像の説明

 あなたは愛されるために生まれました。      静岡教会 遠山牧師

『わたしの目には、あなたは高価で尊い。わたしはあなたを愛している。』(イザヤ書 43章4節)

これは、天地を造られ、そしてあなたをも造られた神様が、聖書を通してあなたに語っておられる言葉です。神様は、あなたを愛するために造られました。あなたは神様に愛されています。あなたは、決して一人ではありません。
たとえ、あなたが気づかれていなくても、神様は、いつもあなたと共にいてくださっています。聖書には、そのことが書かれています。聖書は、神様からあなたへのラブレターなのです。

日曜日の朝10時30分からささげられる礼拝では、その聖書が読まれ、讃美歌を共に歌い、祈りをささげます。
どうぞ、あなたも礼拝に出席してみてください。そして、あなたのことを両手を広げて待っておられる、神様のぬくもりに浸ってみてください。心からお待ちしています。

また、職場や、ご家庭や、学校における様々な問題でお悩みの方も、お気軽にご相談ください。
神様の導きを頂けますように、ご一緒に祈らせていただきます。

画像の説明      

教会へどうぞ

 聖書は今もなお他の追随を許さない世界のベストセラーです。聖書は、時代を越え、民族の違いを越えて、あらゆる人々に生きる道を教えるだけでなく、私たちを新しくし、平安へと導く光です。

イエス・キリストとは誰なのか、神は本当におられるのか、救いとは、救われた人間の生活とは、聖書をどう読んだらよいのか、愛とは、人生とは。さまざまな問いを抱く方も、たとえそこまでいかなくても、真理を求める漠然とした願いを持つ方も、慰めを求める方も、一度、私たちの教会へいらしてください。

教会は教会堂というよりは、むしろ、そこに集まる人間の共同体を意味しています。神を礼拝し、聖書を読み讃美歌を歌い、祈り、聖書からのメッセージを聞く仲間です。互いに助け合い、親しい交わりに生きる仲間です。その仲間になって
ください。

神を愛し、自分を愛し、他者を愛して生きる生活を、ともに覚えてまいりましょう。

画像の説明

 この人生を如何に有意義なものにするのかということは、すべて自分自身の考え方や生き方にかかっているということもできますが、実は私たちは自分の思いや自分自身でみたり聞いたりしている世界だけでは理解することができない事がある。

神によって教えていただくのでなければ、そして神によって導いていただくのでなければ決して到達することのできない境地というものがあることを私自身教えられてきました。

人生の本質に関わる最重要なことは、聖書を理解することなしには悟ることができないといえます。今日に至る日本や世界の歴史を振り返っても、聖書ほどよい意味で人類に多大な影響を与えてきたものは他にありません。基本的人権の尊重、教育、福祉、音楽、法律、国家や共同体や家族の形成、自分自身の生き方を確かで豊かに導くものが聖書の中にあるということができます。

日本の社会にはモノが溢れるようになり、便利な社会になってきました。しかし、心にはむなしさが漂っていたり、自分自身に対しても人々への思いやりも薄くなり、人々は生きるための確かな指針を見失っているように思われます。

また今日において最も必要とされているものは、確かな希望ではないかとも思うのです。主イエスは、かって人々が飼う者のない羊のようにさまよっている姿をご覧になったと聖書には記されていますが、現在の日本の社会や日本人も同じ様相を呈しているように思われてなりません。

 多くの方々が、聖書の神・キリストに向き合って欲しいと思います。そして神によって与えられる愛・喜び・希望・平安・いのちを得て欲しいと強く願っています。

画像の説明