日々のみことば

聖書からの短いメッセージ

「創世記」の記事一覧

神と共に歩む人

6:8 しかし、ノアは主の好意を得た。 6:9 これはノアの物語である。その世代の中で、ノアは神に従う無垢な人であった。ノアは神と共に歩んだ。 6:10 ノアには三人の息子、セム、ハム、ヤフェトが生まれた。   […]

愛と義を満たされる神

6:4 当時もその後も、地上にはネフィリムがいた。これは、神の子らが人の娘たちのところに入って産ませた者であり、大昔の名高い英雄たちであった。 6:5 主は、地上に人の悪が増し、常に悪いことばかりを心に思い計っているのを […]

慰めの人、ノア2

6:1 さて、地上に人が増え始め、娘たちが生まれた。 6:2 神の子らは、人の娘たちが美しいのを見て、おのおの選んだ者を妻にした。 6:3 主は言われた。「わたしの霊は人の中に永久にとどまるべきではない。人は肉にすぎない […]

慰めの人、ノア

5:28 レメクは百八十二歳になったとき、男の子をもうけた。 5:29 彼は、「主の呪いを受けた大地で働く我々の手の苦労を、この子は慰めてくれるであろう」と言って、その子をノア(慰め)と名付けた。 5:30 レメクは、ノ […]

神と共に歩む

5:18 イエレドは百六十二歳になったとき、エノクをもうけた。 5:19 イエレドは、エノクが生まれた後八百年生きて、息子や娘をもうけた。 5:20 イエレドは九百六十二年生き、そして死んだ。 5:21 エノクは六十五歳 […]

エノシュのように神を求める

5:9 エノシュは九十歳になったとき、ケナンをもうけた。 5:10 エノシュは、ケナンが生まれた後八百十五年生きて、息子や娘をもうけた。 5:11 エノシュは九百五年生き、そして死んだ。 カインとその子供たちは、その心が […]

今も後も主に在って生きる

5:4 アダムは、セトが生まれた後八百年生きて、息子や娘をもうけた。 5:5 アダムは九百三十年生き、そして死んだ。 5:6 セトは百五歳になったとき、エノシュをもうけた。 5:7 セトは、エノシュが生まれた後八百七年生 […]

私たちの祖先

5:1 これはアダムの系図の書である。神は人を創造された日、神に似せてこれを造られ、 5:2 男と女に創造された。創造の日に、彼らを祝福されて、人と名付けられた。 5:3 アダムは百三十歳になったとき、自分に似た、自分に […]

主の名を呼ぶ人々が起こされる

4:25 再び、アダムは妻を知った。彼女は男の子を産み、セトと名付けた。カインがアベルを殺したので、神が彼に代わる子を授け(シャト)られたからである。 4:26 セトにも男の子が生まれた。彼はその子をエノシュと名付けた。 […]

神が赦してくださったことを覚えて赦す

4:23 さて、レメクは妻に言った。「アダとツィラよ、わが声を聞け。レメクの妻たちよ、わが言葉に耳を傾けよ。わたしは傷の報いに男を殺し/打ち傷の報いに若者を殺す。 4:24 カインのための復讐が七倍なら/レメクのためには […]